読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれ

きまぐれに、好きなこと書いてます。櫻井孝宏さん、フィギュアスケート、野球、音楽なんでも

おじゃる丸 17歳

なんか、おじゃる丸17歳が羽生に似ていると結構言われていたので、見てみた。

確かに羽生っぽいw

そういや去年織田君の関西大学講演で、羽生とアイスショーの間おじゃる丸の話で盛り上がった的なレポを読んだ気がする。

 

おじゃる丸 17歳(CV 小野賢章)

f:id:sky888888:20160409124940j:plain

f:id:sky888888:20160409124943j:plain

 

www6.nhk.or.jp

その企画の真相を聞いてきたぞ!

「なぜ17歳に?」。その真相を、監督・大地丙太郎さんとエグゼクティブプロデューサー・吉國勲さんにお聞きしました!

――なぜ17歳という設定にしたんですか? 

吉國さん:なんか出したくなったんですよね~(笑)。

大地さん:視聴者の皆さんをびっくりさせる方法はないかと考えて……。19年目なんで19歳も考えたんですけど、なんかしっくりこない。“17歳”ってなんか特別な響きじゃないですか!

――“キリッ!”というより優しいお顔立ちですよね。

大地さん:そうです。あの時代の、しかも高貴な貴族である“お公家さん”なのであまりシャキシャキしておらず、よりまったりしているのではないかと(笑)。

吉國さん: “源氏物語光源氏が若いころに頭中将と二人で舞を舞う”という映画などでも使われる有名な、美しいシーンがあるのですが、イメージは、その年頃になったおじゃる丸です(笑)。

――今回の見どころは?

大地さん:ズバリおじゃる丸の顔ですね。あと、最後にすごいオチを作っていますので、そちらもご期待ください!

吉國さん:実は第19シリーズはいろいろなことを仕掛けようとしていて、これはその第1弾なんです。しかも“17歳のおじゃる丸”は続編を作るかまだ未定。1回きりの可能性もあるので、お見逃しなく!!