きまぐれ

きまぐれに、好きなこと書いてます。櫻井孝宏さん、フィギュアスケート、野球、音楽なんでも

2016.05.05 VOCES8 ラ・フォル・ジュルネ2016@日比谷野音

本当は、代々木でNHK杯男子体操を当日券で見ようと思っていたんですが、のんびりしすぎて出遅れたので、こっちに変更しました。

公演番号:372
ナチュール・ピクニック!〜野外できくア・カペラの響き
出演:VOCES8

5月5日(木) 17:00 ~ 17:45

会場 日比谷野音
指定席 2,200円/自由席 2,000円

 

VOCES8

公式サイト Twitter Facebook

2003年、ウェストミンスター寺院聖歌隊の出身者により結成。05年、ゴリツィア国際合唱コンクール優勝。クラシックや伝統曲の他、ポップスやジャズなど多彩なジャンルの歌を世界中に届けている。アルバム『Eventide』は全英ヒットチャートのクラシック部門で2週にわたり第1位に輝いた。

ア・カペラ・グループVOCES8は無数の引き出しをもっている――彼らが舞台で放つ驚くべき存在感は、想像力に満ちた演劇性と、バランスのよいプログラムによってさらに高められている。(Classical Music Daily)

 

 ◆プログラム◆


1、メンデルスゾーン:なぜなら彼は天使たちに命じて(詩篇第91番)

2、スコットランド民謡(ターナー編):オー・ワリー・ワリー

3、Straighten Up & Fly Right 

  曲に合わせてメンバー紹介

4、マクリーン(ジム・クレメンツ編):星の降る夜
  ゴッホの影響を受けた曲

5、岡野貞一作曲/高野辰之作詞(ポール・スミス編):ふるさと
6、コズマ(ローランド・ロバートソン編):枯葉
7、ジョン&ミシェル・フィリップス(ジム・クレメンツ編):夢のカリフォルニア
8、E.ジョン(アレクサンダー・レストランジェ編):サークル・オブ・ライフ(《ライオン・キング》から)

9、アンコール ふるさと

 ↑多分これであってると思いますが…

 

野音で聴くアカペラは素晴らしかった。観客参加型で、とても楽しく過ごせました。

 ふるさとは日本語で歌ってくださいました。うまかった。1番、2番ののち、1番を観客も歌いました。

 一番気に入ったのは、枯葉です。伸びやかな歌声が爽やかな風に乗ってどこまでも響いていました。

 サークル・オブ・ライフは手拍子、蜂の音、波の音、体を使ったウェーブ、鳥の鳴き声の真似、曲の最後に全員も参加して歌う「サ~クル♪ サークル・オブ・ラーイフ♪」といろいろ練習したのちに開始となりました。

楽しかったw

 

拍手が鳴りやまず、3回戻ってきてくださったのちに、最後にみんなでふるさとの1番を再度歌って終演となりました。

 

天気も良かったー

 

 

f:id:sky888888:20160505205228j:plain

f:id:sky888888:20160505205235j:plain

f:id:sky888888:20160505205241j:plain