読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれ

きまぐれに、好きなこと書いてます。櫻井孝宏さん、フィギュアスケート、野球、音楽なんでも

2016.06.05 男子体操 全日本種目別選手権兼リオ五輪日本代表選考会

決まりましたー。

リオ五輪代表は下記5名です。

内村航平(27)コナミスポーツ

加藤凌平(22)コナミスポーツ

白井健三(19)日体大

田中佑典(26)コナミスポーツ

山室光史(27)コナミスポーツ

 コナミつええええ。

今回、白井の床が異次元過ぎて吹きました。

鉄棒は落下者連発です。

 

第70回全日本体操種目別選手権
男子 決勝 種目別結果

白井健三 床 16.350点

体操 白井健三 床16・350点で圧巻V/スポーツ/デイリースポーツ online

 男子床決勝が行われ、白井健三(19)=日体大=がただ1人16点を超える16・650点をマークする圧巻の演技で優勝した。

 G難度リ・ジョンソン、自身の名が付いたシライ2を決めると、最後はシライ(後方伸身宙返り4回ひねり)を完ぺきに決め、左手でガッツポーズ。2位に0・8点の大差をつける圧勝で、初の五輪代表入りに大きく前進した。

【体操】白井健三がリオ代表入り 床運動で異次元の演技

=略=

まずは、冒頭の床運動後方宙返り3回半ひねりから前方宙返り2回ひねりをピタリと止め、続くリ・ジョンソンへとつなげる。その後も華麗な技を惜しみなく披露した後、最後の後方宙返り4回ひねりをほぼ止め、異次元ともいえる一連の演技をやってのけた。得点は何と16・650点。ぶっちぎりの優勝だ。

床は気持ちよく演技ができてうれしい」と話した白井。

 

白井健三が初の五輪「気持ち良く床ができた」体操 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

得意の床運動で16・650の高得点をたたき出し圧勝した。跳馬では伸身ユルチェンコ3回半ひねりに挑戦したが、回転が足りずに着地が乱れ、5位だった。

 白井は「選考会は力が入ってしまうが、今日は気持ち良く床ができたので素直にうれしい。跳馬は中途半端な実施になってしまった。床のように常に力を出せるようにしたい。これだけレベルの高い選考会を勝ち抜いて自信になる。団体優勝を目指して頑張りたい」と話した。