きまぐれ

きまぐれに、好きなこと書いてます。櫻井孝宏さん、フィギュアスケート、野球、音楽なんでも

2017年四大陸選手権 羽生結弦FS 

いやあああここまで燃えた試合はいつぶりでしょうか。

私やっぱりジャンプ好きだわ。でもあんだけ高難易度ジャンプ跳んでそれ以外もも進化してる!!!!!みんなが!

上位3人はジャンプだけじゃなくスピンステップもレベル4揃えてる。

 

羽生のFSの演技自体は、おそらく身体が万全ではなくビールマンも抜いていたし、体重を膝に乗せきれてない感じもあったが、でもそれを吹っ飛ばすくらい、ああ羽生結弦ってこんな選手だと思い出させてくれました。

あのリカバリー何度も何度も見ちゃう。

ここまで見返したのはSCのEx以来だ(割りと最近(笑))

4Tってやっぱり重要なところで助けに来てくれるんだな。それに比べて4Sは!

最後の3Aのかっこ良さよ。羽生の単独3A好きだ。

f:id:sky888888:20170220215115j:plain

あのリカバリーに関しては記録に残さなきゃいけない!という使命感の元記事をまとめます。

<動画>

www.youtube.com

Yuzuru Hanyu FS 2017 4CC - YouTube

 

プロトコル

f:id:sky888888:20170220214330j:plain

 

<Resultページ>

http://www.isuresults.com/results/season1617/fc2017/

 

<記事より>

羽生結弦、チェンに惜敗も大きな収穫。「4回転5本が視野に入った」|フィギュア|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 リカバリーについて

=略=

 だが、後半の4回転サルコウからの連続ジャンプは2回転になり、さらにその直後に1回転ループを入れてしまった。本人は「失敗したあとにハーフループを入れて4回転サルコウをやろうと思ったが、ちょっと非現実的だなというためらいが一瞬あったので戻してしまった」と説明する。ここで1回転ループを付けてしまったことで、3回しかできないコンビネーションジャンプをひとつやったことになってしまった。

 羽生が執念を見せたのはそこからだった。次の4回転トーループを決めると、トリプルアクセルに3回転トーループをつけ、さらにトリプルアクセルからの3連続ジャンプを4回転トーループ+2回転トーループに変更。そして、最後の3回転ルッツをトリプルアクセルにして見事なリカバリーを見せた。

「4回転を4本入れるということと、トリプルアクセル2本は外せないという気持ちがあったので、コンビネーションの回数を含めていろいろ考えました。とにかく失敗のあとはコンビネーションの3回転トーループと4回転をもうひとつというのをすぐに考えました。ただ、最初のアクセルのところで4回転サルコウを入れようと思いましたけど、ちょっとスピードが足りなかったのでトリプルアクセル+3回転トーループにして、その後で(4回転)トーループを跳ぶことにしました。その直後にブライアン(・オーサーコーチ)の顔が見えましたけど、『お前、何やってんだ』と言いたげな表情でした」

 こう言って苦笑する羽生だが、練習でもこのようなリカバリーはやったことがないという。

「一度だけ練習で最初のループも後半のサルコウトーループもパンクしたとき、『なんだ? この練習は!』と思って1回目のアクセルのところに4回転サルコウを入れて、次のアクセルを4回転トーループに変更するチャレンジをしたことがありました。でも、現実的にはやるべきことじゃないと思っていましたし、トーループもそんなに簡単に跳べないと思っていたので、今回はかなりとっさにやった感じです」

 =略=

 

羽生結弦【一問一答】「正直言うと勝ちたかった」五輪の4回転5本構成も示唆/スポーツ/デイリースポーツ online

 -演技を終えて
 「きょうのプログラムはすごく挑戦的にやった。自分の中では(4回転を)4本跳ぶこと、その上ではコンビネーションを後半に跳ぶことを最重要視していた。だからこそ4回転サルコーの失敗は悔しいし、SPと同じような失敗の仕方になっているので、これからさらに練習を積んで、さらにうまくなりたいと思った。これからまた練習をたくさんしなくては、と思う
 サルコーの失敗から構成を変えてリカバリーした。シミュレーションしていた?
 「4回転トーループを後半2本にしようと決めたのは、トリプルアクセル-3回転トーループを降りてから。4回転サルコーをもう1回跳べれば跳ぼうと思ったけど、跳んだ感覚としてちょっと厳しいと思ったので。練習ではたまに、4回転サルコーがうまくはまらなかった時用に、トリプルアクセル-3回転トーループのところで4Sの練習をしていたが、まず3A3Tをきれいに決めることが先決だと思った。その後、体力が少し余っていると思ったので、4回転トーループをやってみたら跳べました。シミュレーションはしていない。コンビネーションの回数だとかを計算しながらやっていた
 -昼の競技となったが、五輪本番も想定して調整した?
 「練習後、近くの場所でちょっと休憩して、またここに戻ってきた。フリーはそこそこ頑張れたと思っているので、感覚としては良かった。やってみてそんなに疲労も出なかったし、五輪への自信にもなった。フリーでは1位ということでなんとか結果を残せているので、いいプレ五輪になったと思っている
 -2位という結果に
 「正直言うと、勝ちたかったな。僕はシニア1年目から四大陸で銀メダルしか取ったことがなくて、これで3度目の銀メダル。ただ、年々成長していると思うし、年々やることも大変になっている中で、自分の限界に挑戦している感覚が非常に好き。今回がたぶん一番楽しかった銀メダルだと思う
 -五輪の時はいくつ4回転が必要になると思う?
 「五輪の時に自分が何本跳んでいるか、ちょっと想像がつかないです。ネーサンが『羽生選手が押し上げてきた』って言われるのはうれしいけど、たぶん僕というよりみんなで切磋琢磨(せっさたくま)して押し上げてきたと思っている。その中でも常にトップを張りたいと思っている。きょう演技してみて、実際トライしたのは4回転5本、トリプルアクセル2本なので、これから練習していって、もしかしたら5本の構成もできるようになるかなって、ちょっと手応えはあった

 

羽生結弦、プレ五輪は大収穫“五輪タイム”を攻略し「自信になった」/スポーツ/デイリースポーツ online

【羽生に聞く】平昌五輪で4回転「アクセルを跳ぶ選手が出るかも」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

=略=

 ――チェンは5本の4回転ジャンプを跳んだ

 「少しミスはあったけれど、転倒も抜けもなくやりきったことは尊敬に値する。正直おめでとうという気持ちです

 ――以前は少しミスがあっても勝てたが、もうミスできない?

 「危機感は特にない。以前から常に持っている。(若手に)突き上げられてる恐怖感を持って試合をしているわけでもない

 ――4回転時代は羽生が押し上げてきたと言われる

 「僕が押し上げてきたというより、みんなで切磋琢磨(せっさたくま)したからだと思う。ただ常にトップを張っていたいとは思っている

 ――平昌五輪では4回転ジャンプを何本跳ぶ

 「想像がつかない。誰がルッツやフリップを跳ぶか分からない。もしかしたらアクセルを跳ぶ選手が出るかもしれない。これからのスケートが楽しみ。練習が楽しみになった

 

羽生、自身初の4度の4回転成功も「実力を上げていかなければならないと痛感」/フィギュア - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

 「君が代を流せないのは悔しい。フリーは僅差で1位を取ることができたけど、ミスはミスなので、これからもっと対策を練っていって、自分の実力を上げていかなければならないと痛感させられた。いまできることはやったと思うので、サルコーの修正点をしっかり見つけて、ミスを糧にしていきたい」と平昌五輪の出場枠(最大3)のかかる世界選手権(3~4月、ヘルシンキ)を見すえた。

四大陸男子でトップ3人が生んだ名勝負。羽生結弦の貫禄と、才能溢れる若き2人。 - フィギュアスケート - Number Web - ナンバー

進化を続ける真・4回転時代の平昌五輪を勝つ条件とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

=略= 

羽生は、ショートに続けてフリーでも4回転サルコウ+3回転トーのコンビネーションジャンプに失敗した。最初の4回転がタイミングが合わずに2回転に終わったのである。それでも、ここからが羽生の絶対王者、所以の強さだった。
「挑戦的にやった」と、急遽、プログラムを変更した。

 最終滑走のネイサン・チェンが4種類5本の4回転ジャンプを入れてくるのはわかっていた。
「4回転4本」をクリアするため、後半のトリプルアクセル+シングルループ+3回転サルコーの予定だったコンビネーションを4回転トー+2回転トーのコンビネーションに変えたのだ。これを綺麗に着氷した羽生は、最後の3回転ルッツをトリプルアクセルに変え、減点対象となるジャンプの重複が起こらないように考えながら、高度なプログラム変更をやり遂げたのである。それだけに試合後の会見で語った「正直、勝ちたかったなあ」も、「限界まで挑戦するのが好きだから、一番楽しい銀メダルだった」の相反する感情は理解できる。

 元全日本2位で現在後身の育成活動をしている中庭健介氏も、羽生の進化続ける対応力を評価した。

「鳥肌が立つほど高レベルでの戦いになった。選手は、練習からミスをした後のリカバリープログラムに関しては、頭に置いているものだが、羽生選手の4回転を4本組み入れるプログラム変更は、常識では考えられないほど凄いこと。気持ちの焦りからか、上半身が先に回りすぎることを止められずに、4回転サルコウのコンビネーションジャンプが、パンクするミスをショート、フリーと重ねたが、失敗の中で生まれた対応力に自信を深めたのではないだろうか」